家事効率もアップ!シンク下収納を見直してみませんか?

2018年9月25日 12時00分

調理中や後片付け中に、すぐに必要なものを取り出すこともできるシンク下。ですが、配管が通っていたり、奥行きがあったりと、意外と整理整頓のハードルが高いという場所でもあるのではないでしょうか。そこで今回は、使い勝手のよさそうなシンク下収納の実例をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。



収納グッズを上手に使って

まずご紹介するのは、仕切りアイテムやボックスなどを上手に使ったシンク下収納の実例です。お目当てのものがどこにあるのかわかりやすいと、出し入れもスムーズ。家族も使いやすいので、家事負担を軽減することができます。


■回転台があると、デットストックもなくなる

撮影:kayochingさん


奥行きのあるシンク下は、奥のほうに入れたアイテムが埋もれがちですよね。そんなときには、こちらのユーザーさんのように回転台を取り入れるのがおすすめです。くるくる回すと、お目当てのアイテムがすぐ手に取れますよ。収納しづらい袋類やお掃除アイテムも、カゴに立てて収納すると見やすく便利です。


■ワンボックスワンアイテムで、すっきり

撮影:mako2yaさん


美しく整ったシンク下のポイントは、ボックスです。1つのボックスに1つのアイテムを入れているので、雪崩を起こすこともなく出し入れもストレスフリー。キッチンの必需品、料理本やエプロンなどもシンク下に収納していらっしゃいます。


■引き出し収納を入れて

撮影:negimeiさん


シンク下に、引き出し収納を入れて食器を収納している実例です。奥行きのあるシンク下を有効活用できる、良いアイディアですね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。