1

[注目トピックス 市況・概況]日経平均テクニカル:利食いをこなしながら節目の22000円を意識か

2017年10月24日 18時15分 (2017年11月4日 00時02分 更新)
*18:15JST 日経平均テクニカル:利食いをこなしながら節目の22000円を意識か
16営業日続伸と史上最長連騰記録を更新。過熱警戒感からやや利食い先行で始まったが、上昇する5日線を支持線とした強いトレンドが継続し、連日で高値を更新している。ボリンジャーバンドでは+2σを挟んでの推移であり、明確な買われ過ぎシグナルは出ていないものの、過熱警戒は高まってきている。パラボリックのSAR値は上昇する5日線に沿った形で上昇しており、現在は21430円辺りに位置している。SAR値が節目の21500円辺りを超えてくると、その後の調整が意識されてくる可能性もありそうだ。週間形状のボリンジャーバンドでは+2σと+3σとのレンジに沿った上昇をみせている。強いトレンドが継続しているが、週間形状で+2σを突破した昨年末の上昇局面においても、+2.5σ辺りでとどまっていた。今回は+3σの水準での推移が続いており、実需買いとはいえ、過熱感を意識せざるを得ないだろう。とはいえトレンドが強いのは確かであり、利食いをこなしながら、節目の22000円や、月足形状でみた1996年6月辺りの高値22600円処を意識したスタンスを取ることになりそうだ。
《CS》

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    今秋や来春の好決算感触は既に方々で聞こえてきているけど、それを反映しての金融セクター銘柄の反応がいまいちだね。金融銘柄が上げ調子に入れば投信の成績も追従して、いよいよ良い方向に・・・

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!