0

[注目トピックス 経済総合]【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(2):◆スノーマゲドンの影響◆

2017年12月17日 09時50分 (2017年12月28日 00時01分 更新)
*09:50JST 【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(2):◆スノーマゲドンの影響◆

〇世界的寒波、相場を動かすか〇

今朝のソウルは-12.1度、比較的暖かい釜山でも-6.0度。朝鮮半島は 凍っているようで、政治的動きも止まっているように見える。11月 末にロシア・オイミャコンで記録した-60度の寒気団が降りてきてい るようだ。北半球各地で豪雪も観測され、米テキサス州やメキシコ 北部、英国、蘭、イタリアなどで報告され、メディアは「スノーマ ゲドン」(終末戦争のアルマゲドンと雪を組み合わせた造語)と伝 えている。中国では、大気汚染対策で止めていた石炭使用を発電や 暖房で容認する動きも見られる。

大寒波で真っ先に浮かぶのはヒーティングオイル需要。原油相場は WTIで58ドル台/バレルに急反発しているが、北海パイプライン修理 閉鎖やNYマンハッタンの爆発事件を材料視している程度で、未だ 深刻さは出ていない。ただ、今週はノルウェー中銀、米FOMC、英 中銀、ECB、スイス国立銀と、本年最後の政策決定会合が開催される。 短期的なインフレ観に影響する要素として、原油相場は無視できない ので、注視する必要がある。

中央銀行が気候要因まで議論するかどうか分からないが、一部では 「ミニ氷河期論」も潜在する。ポールシフト(極の移動)によるジ ェット気流の大蛇行、海流の蛇行(黒潮の異常蛇行が代表的)、世 界的規模での火山大噴火(バリ島、カムチャッカ半島、メキシコなど で噴煙は1万m級)による寒冷化、ラニーニャ現象など、論調は多岐。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!