0

[注目トピックス 経済総合]【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(3):◆イノベーションETF◆

2017年12月17日 10時05分 (2017年12月28日 00時01分 更新)
*10:05JST 【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(3):◆イノベーションETF◆
〇イノベーションETFはバブルの兆候の一つか 〇

ロイターは、イノベーションETF(上場投資信託)が米市場を 席巻していると伝えている。アマゾンが小売業界を、エアビー アンドビーがホテル業界を、ウーバーがタクシー業界を破壊的 に変革しているが、それら旧ビジネス手法を揺るがす企業に集 中投資していると言う。破壊的イノベーション企業への投資は 従来はベンチャーキャピタル、プライベートエクイティ(PE) ファンドが行ってきたが、その利益を取り込む動きで、自らも 資産運用業界で破壊的になろうとしているのかも知れない。

代表的なものは、「ARKイノベーション」(17年年初からの運用 利回り86.5%、14年設定からの年平均は23.6%。運用ARKインベ ストの運用資産は27億ドル)、「Knowledge Leaders Developed World」は研究開発に巨額投資している世界的企業に投資し、保有株 の1/3は日本株(年初来の運用利回り26.3%)、最大資産運用会社 ブラックロック傘下のiシェアーズ「エクスポネンシャル・テクノロ ジーズ」はモーニングスター・エクスポネンシャル・テクノロジー 指数に連動する仕組み(年初来の運用利回り37.8%、15年発足で運用 資産15億ドル)など。

運用形態としては別に珍しくない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!