0

[注目トピックス 市況・概況]ロシアシフトの世界【フィスコ・コラム】

2017年12月17日 13時09分
*13:09JST ロシアシフトの世界【フィスコ・コラム】
中東外交で信頼が失墜したトランプ政権下のアメリカに代わり、今後の国際政治はロシアを軸に展開していくのでしょうか。来年のロシア大統領選に出馬表明したプーチン氏にはすでに再選が織り込まれ、ロシアの超大国化に向けて突き進んでいます。


トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定したことは、中東地域の微妙な安定を揺るがすとともに、アメリカや国際社会がこれまで構築してきた和平プロセスをぶち壊すものであり、国際情勢は不安定化する可能性が高まっています。12月11日にニューヨークのバスターミナルで発生した爆弾テロは未遂に終わったものの、今後の混乱を予感させる事件でした。


中東・アフリカ諸国が加盟するイスラム協力機構(OIC)は12月13日、トルコ・イスタンブールで臨時首脳会議を開催し、東エルサレムをパレスチナ国家の首都とする宣言を採択しています。サウジアラビアやヨルダン、エジプトなど親米の国々は今のところアメリカなどへの具体的な制裁は控えているようですが、各国の政権が国民の不信感に耐えきれなくなる可能性があります。


一方、信頼失墜のアメリカを尻目に、ロシアが中東における影響力拡大に向け攻勢を強めています。プーチン大統領はトルコやエジプトを訪問し、アメリカの対応を批判しました。特に、エジプトとは同国初となる原発の建設に向け技術供与を決めたほか、エジプトの空軍基地をロシア軍が利用できるよう軍事面での協力関係を深めるなど、中東地域におけるアメリカの影響力の排除に乗り出しています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「[注目トピックス 市況・概況]ロシアシフトの世界【フィスコ・コラム】」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!