0

[注目トピックス 日本株]学研HD Research Memo(2):「科学」と「学習」から「コンテンツ・サービス創造企業」へ

2018年2月13日 15時12分 (2018年2月19日 15時40分 更新)
*15:12JST 学研HD Research Memo(2):「科学」と「学習」から「コンテンツ・サービス創造企業」へ
■事業概要

1. 会社概要と沿革
学研ホールディングス<9470>は、学習参考書や児童書のトップ企業である。全国で様々な教室や進学塾も展開しており、「学び教育」を軸とする雑誌・書籍を原点に、これまで、エンターテインメントや趣味・実用・教養分野など、ライフスタイルの変化に応じて多岐にわたる出版事業を展開してきた。そこで蓄積した膨大なコンテンツやノウハウを、幼稚園や保育園、学校向け教材・教具、学研教室を始めとする教室・塾事業、高齢者福祉・子育て支援事業などに生かし、同社は現在、業容を積極的に拡大している。また、近年のデジタル化や少子高齢化の流れをチャンスと捉え、出版社から「コンテンツ・サービス創造企業」への進化を目指している。

同社は1946年、創業者である故・古岡秀人(ふるおかひでと)氏の「戦後日本の復興は、教育をおいてほかにない」との信念のもとに「学習研究社」として設立された。当初の事業の中心は「科学」と「学習」に代表される出版事業で、ハサミなどを使って雑誌に直接細工を施す「立体編集」といったアイデアによって小学生に人気となった。これが同社躍進の原動力となり、出版事業は大きく成長することになる。ところが1990年代に入ると、顧客ニーズの多様化や少子化、女性(母親)の社会進出などにより購読する児童が減り、出版の中心だった「学習」と「科学」が2009年~2010年に相次いで休刊することになった。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!