0

[注目トピックス 日本株]USENNEX Research Memo(6):統合のモチベーションが垣間見られるセグメント別収益動向

2018年5月17日 16時10分
*16:10JST USENNEX Research Memo(6):統合のモチベーションが垣間見られるセグメント別収益動向
■業績動向

1. セグメント別の成長性と収益性
事業セグメント別の収益推移を見ると、U-NEXTのコンテンツプラットフォーム事業とコミュニケーションネットワーク事業は、それぞれ2017年12月期と2016年12月期に一時的な利益の落ち込みはあるものの、売上高、利益ともに成長性が高い。しかし、営業利益率は低い。一方、USENの音楽配信事業、業務用システム事業、ICT事業は営業利益が額も率も高い。特に音楽配信事業は20%台の営業利益率を誇る。しかし、成長性が低い。その中で、USEN-NEXT HOLDINGS<9418>が成長事業と期待しているのがコンテンツプラットフォーム事業と、音楽配信事業に組み込まれている店舗運営ソリューション事業である。コンテンツプラットフォーム事業はまさに伸び盛りではあるが、コンテンツ調達のための資金が必要である。店舗運営ソリューション事業は、グループの総力を前提にしたビジネスである。安定高収益事業の資金を高成長事業へ回し、グループ各社の経営資源によるシナジーを追求するという、まさに今回の統合のモチベーションが垣間見られる。

今般の統合により、バランスシートがやや重くなった。旧USENの時価評価バランスシートを取り込むことによってプレミアム部分を含めた株式取得簿価との差額であるのれんが発生し、統合に必要な資金の大部分を借入で調達したため負債割合が増加したのである。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!