0

[注目トピックス 市況・概況]欧州為替:ドル・円は110円52銭から110円72銭で推移

2018年6月13日 20時58分
*20:58JST 欧州為替:ドル・円は110円52銭から110円72銭で推移
 13日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円52銭から110円72銭で推移した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表やパウエル米FRB議長の会見を控え、ドル買いが先行した後、持ち高調整のドル売りもみられた。


 ユーロ・ドルは1.1733ドルから1.1770ドルで推移。ユーロ売り先行後、対ポンドでのユーロ買いが波及し反発した。ユーロ・円も129円80銭から130円10銭でもみ合った。


 ポンド・ドルは1.3351ドルから一時1.3308ドルまで下落。英国の5月消費者物価の落ち着きを受けて、ポンド売りになった。ドル・スイスフランは0.9872フランから0.9895フランで推移した。


《KK》

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「[注目トピックス 市況・概況]欧州為替:ドル・円は110円52銭から110円72銭で推移」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!