0

夏休みに宿泊旅行に出かける人は増加も費用は減少傾向、宿泊旅行者数の増加率1位は「沖縄」

2018年7月21日 14時00分
 今年の夏休みに宿泊旅行に出かける人は増える見込み。旅行費用については、国内・海外とも減らす傾向にあるようだ。

 株式会社リクルートライフスタイルの観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター」は、20代から70代の宿泊旅行者を対象に「じゃらん宿泊旅行調査 2018」を実施し、その結果を7月9日に発表した。調査時期は4月で、1万5,627名から有効回答を得た。

 2017年度(2017年4月~2018年3月)の1年間に宿泊旅行(友人・知人宅、車中泊、キャンプなど宿泊を伴う旅行は含むが、出張・帰省・修学旅行などは除く)をした人の割合は55.6%で前年度の54.8%から上昇。宿泊旅行にかけた費用の総額は前年度比6.3%増の7兆5,352億円で、内訳は宿泊費が2兆2,427億円、交通費が2兆1,237億円、現地小遣いが2兆4,641億円、パック旅行のパック費が7,047億円だった。

 2017年度の1回あたりの宿泊旅行にかけた費用を見ると、大人1人あたり5万1,600円で、前年度比で2,300円増加した。内訳は宿泊・交通費が3万4,700円で同1,700円の増加、現地小遣いが1万6,900円で同600円増加した。宿泊旅行の形態別では個人旅行が4万9,300円で同2,100円の増加、パック旅行が7万3,000円で同2,200円増加した。2017年度は宿泊旅行に出かける人だけでなく、宿泊旅行費用も増加する傾向にあったようだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「夏休みに宿泊旅行に出かける人は増加も費用は減少傾向、宿泊旅行者数の増加率1位は「沖縄」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!