0

[注目トピックス 経済総合]【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(2):◆強風の脅威◆

2018年9月9日 09時50分
*09:50JST 【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(2):◆強風の脅威◆
〇関空再開メド焦点、防災論議高まるか〇台風21号(チェービー)は「風の脅威」となった。米ワシントン・ポスト紙が「今年最強」と伝え、海外でも関心が高かったようだが、最大瞬間風速58.1m(関空)を記録した。これは米国基準のカテゴリー3と同4の境目に当たる。カテゴリー5は秒速70m以上で分類される。過去最大は13年11月にフィリピンを襲った「ハイヤン(台風30号)」。風速105mを記録したとされる。通過したレイテ島では80-90%の建物が壊れ、1万人以上の死者が出たと記録される。昨年9月にカリブ海の島国アンティグア・バーブーダを襲ったハリケーン「イルマ」はカテゴリー5のまま通過。島民全員が避難し、300年の文明が消えたとされた。

通常、日本に上陸する場合は台風の勢力が衰えるが、今回は比較的強いままだった。日本近海の海水温が高いためで、今後も同様かそれ以上のことが想定される。防災対策に、「風速70m以上」に耐えられるかどうかの観点を加える必要がある。高潮記録も過去最大となったが、被害は限定的と見られる。近畿から東海は、昭和34年の伊勢湾台風、昭和36年の第2室戸台風で酷い高潮被害を受け、比較的対策が行われた地域。NHKで解説した京大教授も過去の対策効果を指摘していたが、日本土木学会が提言した通り、高さの異なる津波想定や堤防などの老朽化が検討課題となろう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「[注目トピックス 経済総合]【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(2):◆強風の脅威◆」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!