0

GMOインターネット、日本円と連動&安定した仮想通貨を2019年度に発行

2018年10月9日 18時00分
 GMOインターネットは、価値の安定した仮想通貨「ステーブルコイン」の発行に向けて、本格的な準備を開始した。

■安定性のある仮想通貨「ステーブルコイン」

 仮想通貨の流通性を高め、普及・発展させるには、送金・決済の際にリスクとなる価格変動(ボラティリティ)を安定させることが課題のひとつとされている。こうした中、価格の安定を可能にする仮想通貨として、法定通貨や他の仮想通貨と連動し、価値が裏付けられた仮想通貨「ステーブルコイン」に注目が集まっている。

 「ステーブルコイン」とは、主に法定通貨により価値を裏付けるなどの方法で価格の安定性を持たせた仮想通貨。世界には57種類のステーブルコインが存在し、うち23種類はすでに流通している。ステーブルコインの総時価総額は、2018年10月9日時点で30億ドル(約3,414億5,231万円)に上っており、ステーブルコインの中で最も取引量の多い「Tether」は、全仮想通貨の中でビットコインに次ぐ取引量となっている(出典:Blockchain社「THE STATE OF STABLECOINS」)。

■円ペッグ通貨「GMO Japanese YEN(GJY)」

 ステーブルコインは、法定通貨に担保された「法定通貨担保型」、他の仮想通貨により担保された「仮想通貨担保型」、資産の担保がなくスマートコントラクト機能により価値を安定させる「無担保型」の、大きく3種類に分けられる。

「GMOインターネット、日本円と連動&安定した仮想通貨を2019年度に発行」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!