高畑勲監督の死に宮崎駿監督は...鈴木敏夫Pは「宮崎駿はただひとりの観客、高畑勲を意識して映画を作っている」と

高畑勲監督追悼で「火垂るの墓」が4/13放送 代表作や宮崎駿との関係性、インタビュー動画まとめ

「火垂るの墓」「じゃりン子チエ」などのアニメーションで知られる高畑勲監督が2018年4月5日に亡くなったことがわかりました。代表作や宮崎駿との関係性、ネットで見られるインタビューなどをまとめています。また高畑勲監督追悼として、4月13日には日本テレビ系で映画「火垂るの墓」が放送されます。

高畑勲監督が手がけた映画や代表作とは?

高畑勲監督は東京大学文学部仏文科に在学中、フランスのアニメーション映画『やぶにらみの暴君』を観て感銘を受け、アニメーションの道を志し、卒業後、東映動画に入社。その後、Aプロダクション(後のシンエイ動画)や、ズイヨー映像(後の日本アニメーション)、テレコム・アニメーションフィルムを経て、スタジオジブリに参加しました。監督を手がけた作品だけでも

「太陽の王子 ホルスの大冒険」
「アルプスの少女ハイジ」
「パンダコパンダ」
「じゃりン子チエ」
「セロ弾きのゴーシュ」
「柳川堀割物語」
「おもひでぽろぽろ」
「平成狸合戦ぽんぽこ」
「ホーホケキョ となりの山田くん」
「かぐや姫の物語」

といった作品があり、特に遺作となった「かぐや姫の物語」はアカデミー長編アニメ映画賞への本選ノミネートされるなど高い評価を受けています。

先輩後輩を超えた、宮崎駿監督との深い関係性

高畑勲監督は、宮崎駿監督との関係性でもよく知られています。宮崎駿は東映動画時代の後輩で、『太陽の王子 ホルスの大冒険』から『おもひでぽろぽろ』まで一緒に作品に携わり、演出家としても大きな影響を宮崎駿に与えたと言われています。

高畑勲の書籍一覧

高畑勲 インタビュー

高畑勲監督のインタビュー動画