【MLB】日本人最速最年少で週間MVPの大谷翔平、早くも今季MVPに推す声も!?

大谷翔平 満塁で走者一掃のタイムリースリーベース【4/13更新】

2018年からメジャーリーグのロサンゼルス・エンジェルスに移籍した、「二刀流」大谷翔平選手。オープン戦は不調で危ぶまれていた部分もありましたが、公式戦開幕後は3戦連続のホームラン&投げては7回無失点の完璧な投球を見せるなど大活躍しています。大谷フィーバーの記事&動画をまとめました。

【4/13動画】大谷、満塁で走者一掃のタイムリースリーベース 5連勝に貢献

【動画】6回まで完全試合、大谷2勝目は7回12奪三振



大谷翔平に米メディアや選手も感嘆

大谷翔平プロフィール

岩手県奥州市出身、花巻東高校を卒業し、2012年に日本ハムファイターズに入団。現在はメジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルス所属。右投げ左打ち。

プロ入り後も投手と打者を兼任する「二刀流」として活躍しており、2014年には投手として11勝、打者として10本塁打を放ち、その翌年には投手として最優秀防御率、最多勝利、最高勝率の投手三冠を獲得。2016年には、打者として打率.322 22本 67打点という好記録を残しつつ、投手としても21試合で10勝4敗、防御率1.86を記録。2017年はワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出されるも怪我の影響で辞退。シーズンもまた怪我の影響で、野手として65試合出場、打率.332 8本塁打 31打点、投手としては5試合に登板するのみにとどまっていました。