0

Google Playストアの一部アプリにインストールせずに試せるボタン追加へ

2017年10月20日 10時35分 (2017年10月21日 10時33分 更新)

Google Playストアの「すぐに試せるアプリ」コーナー

[拡大写真]

 米Googleは10月19日(現地時間)、アプリ開発者向けイベント「Playtime 2017」で、幾つかの新機能を発表した。

 その中の1つとして、アプリストア「Google Playストア」上の「Android Instant Apps(日本では「Androidプレビューアプリ」)」対応アプリのページには「Try it Now(すぐに試す)」ボタンを表示するようにした。本稿執筆現在、日本のGoogle Playストアにはまだ表示されないが、「すぐに試せるアプリ」のコーナーは開設された。

 Androidプレビューアプリは、アプリをインストールしなくても一部の機能をお試しできるサービス。「Android 8.0 Oreo」以降で利用できる。対応アプリはGoogle Playストアのページの「インストール」ボタンの隣に「すぐに試す」ボタンが表示され、これをタップするとインストールせずにアプリの一部の機能を使える。

 また、ユーザーには直接関係ないが、サブスクリプション制アプリの手数料が、ユーザーが1年以上継続した場合、2年目からは15%になる。この変更は2018年1月1日から開始の予定だ。

 Googleはアプリストアのセキュリティ強化の一環として、新しい報奨金プログラム「Google Play Security Reward Program」も発表した。LINEやDropboxなど、一部の人気アプリのバグを脆弱性を発見した研究者に1000ドルの報奨金を贈る。対象アプリは今後追加していく見込みだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!