0

「dカード プリペイド」がApple Payに対応 全員に1000円分チャージするキャンペーンも

2017年11月20日 16時38分 (2017年11月21日 17時13分 更新)

「dカード プリペイド」がApple Payに対応

[拡大写真]

 NTTドコモと三井住友カードが提供する「dカード プリペイド」が、11月20日にApple Payへ対応した。

 Apple Payは、iPhoneやApple Watchを決済端末にかざせば簡単に決済できる電子ウォレット機能。店舗での支払いはiPhone 7以降、Apple Watch Series 2以降が対応し、全国76.5万台の「iD」加盟店でも利用できる。これより「dカード プリペイド」でApple Payに対応したアプリやオンラインショッピング加盟店で利用できるほか、iPhone/Apple WatchのSuicaチャージも行える。

 Apple Payへの対応に合わせて、2018年1月31日までに「dカード プリペイド」へ新規入会し、対象機種にApple Payを設定したユーザー全員へ1000円分を残高へチャージするキャンペーンを実施。また、既に利用しているユーザーを含めて2018年2月28日までにApple Payを500円以上(税込)利用すると500円分をプリペイド残高にチャージする。支払いは「iD」での利用に限る。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!