0

Androidスマホの通信量を節約し、通信制限を回避する設定まとめ

2017年11月26日 09時00分

月末に通信制限になってしまって、ネットやSNSを見るのにイライラ……。そんな経験した人多いのではないでしょうか?

そこで、Android端末やアプリの設定を変えることで、グッと通信量を節約する方法をご紹介。通信制限を回避して、スマホを快適に使いましょう。ちょっとの対策でも、かなり通信量を抑えることができるので見直してみては?

※今回はOSはAndroid 7(Nougat)を使って説明しています。Android 8(Oreo)でもUIの違いはありますが、大きな変更点はありません。

iPhoneの方はこちら
iPhoneの通信量を節約し、通信制限を回避する設定まとめ【iOS10・11】

目次

1 機内モードをオンにする
2 データ通信をオフにする
3 アプリごとにモバイルデータ通信を切っておく
4 データセーバーをオンにしておく
5 位置情報サービスで「GPSのみ利用」にしておく
6 Googleアプリの自動同期をオフにしておく
7 アプリの更新はWi-Fi時のみに行う
8 外出先では公衆Wi-Fiを積極的に使うようにする
9 動画アプリの画質を変更する
10 ブラウザアプリでデータを圧縮する
11 SNSで勝手に動画再生しないようにしておく
12 音楽アプリや動画配信アプリで、コンテンツをダウンロードする
13 格安スマホで低速切替にして節約する
14 通信量の確認のやり方。ウィジェットで楽々チェックできる!

1 機内モードをオンにする

「機内モード」にしておくと、モバイルデータ通信とWi-Fiの接続を切ることができます。データ通信は完全にシャットアウトできますが、電話やメールが届かないので注意!

睡眠時など連絡を受け付けない時間帯は、機内モードにしておくと良いでしょう。

画面上部で下スワイプすると、クイック設定パネルが出てきます。「機内モード」のアイコンを押すだけで簡単に設定可能です。

また、機内モードにしておくと、スマホゲームの広告をカットできます。動画広告で通信量がかかってしまうので、ぜひ活用してみてください。

ただし、オフラインで遊べるゲームでないと、ゲーム自体起動できないので注意。オフラインで遊べるゲームをまとめた記事があるので参考にしてみてください。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「Androidスマホの通信量を節約し、通信制限を回避する設定まとめ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!