0

MUCC×AKi Ken(L'Arc~en~Ciel)をゲストに迎えたツアーファイナル2デイズをレポ

2016年4月2日 22時00分 (2016年4月2日 23時11分 更新)

day 2
撮影/西槙太一、ひらりい

[その他の写真を見る]

最強のプレイヤーの個性が、1つのバンドとして集結することで生まれた音像である。また、バンドとしての遊びを感じさせる、タイトなノリの「FAIRY DUST」や、独特な毒を含んだ「FREAK SHOW」で、オーディエンスに純粋に音楽の楽しさを教え、「Day 1」「LOOP」などのメロウな楽曲は、音で景色を描く様を魅せると共に、AKiの根底と楽曲センスを見せつけるものであった。

ここに上げた、“丸腰のバンドサウンド”と、“ギミックで魅せた音の楽しみ方”と、AKiのルーツが窺い知れる“メロウで幻想的な歌モノ”という大きな3つの枝は、この先もAKiのサウンドを支え、大きく葉を茂らせていくことになるであろう軸を思わせた。

また、2日目の始まりには「Day 1」を置き、静かでありながら熱く厳かな空間からライブをスタートさせ、大きく曲順をシャッフルさせていたが、楽曲それぞれの個性がしっかり確立されていたこともあり、曲順を変えただけで大きくライブの景色を変えることとなったのである。

後に続いたMUCCのライブは、AKiが描き出した景色とは異なる世界観のモノであったが、集まったオーディエンスは、ノリを変え、MUCC、AKi、という両者から放たれる異なる音を楽しむスイッチを切り替え、“音楽そのもの”を楽しむ喜びを噛み締めていたように思った。

後攻のMUCCのライブもツアー序盤とは印象を変えていた。確実にAKiとのライブがMUCCのライブを変えていたのだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!