0

GACKTのアルバム『LAST MOON』と連動した画像認識テクノロジーを搭載したアプリがリリース

2016年4月27日 12時00分
Blippar Japan株式会社(本社:東京都渋谷区・以下Blippar)が、GACKTのライブツアー『LAST VISUALIVE』およびMOON SAGAプロジェクト最終章を飾る『LAST MOON』アルバム発売に際し、同社の画像認識テクノロジーを技術提供することがわかった。

この度の取り組みについてBlippar Japan日本代表取締役社長ショーン・ニコルスは「まず初めに、この度はLAST MOONの発売、誠におめでとうございます。そして、今回の制作参画に際し、GACKTさん・マネージメントラインの方々へ感謝をお伝えしたいと思います。私たちBlipparは、MOONプロジェクトの最後の一幕に添える、ユニークなコンテンツをファンの皆さまへお届けできるよう、本日まで準備をいたして参りました。GACKTさんの情熱、魅力溢れる楽曲や世界観、彼が作り上げている全てのクリエイティブと、Blipparのテクノロジーがどこまで融和できるか、私たちには挑戦でした。関係者の皆さまより頂いた、多くのアイディアやご協力を経て、ここに参画することができましたことを、あらためて感謝申しあげます。誠にありがとうございました。世界中で彼を待つ、たくさんのファンの皆さまにこの素晴らしいLAST MOONアルバムをお手にとってただけたらと思っております」とコメントしている。

Blippar限定のコンテンツは4月27日発売の『LAST MOON』を購入すると体験でき、GACKTとのセルフィー撮影、オリジナル楽曲、ファンへの動画メッセージなど提供。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「GACKTのアルバム『LAST MOON』と連動した画像認識テクノロジーを搭載したアプリがリリース」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!