0

【シェネル】節目を迎え、7年振りに目指す“世界”

2017年9月4日 17時00分 (2017年9月17日 11時58分 更新)
『Destiny』のヒットも記憶に新しいシェネルが、実に7年振りとなるインターナショナルアルバム『メタモルフォーゼ』を完成させた。ラブソング・プリンセスが歌う“私の居場所”とは? 本人に訊いた。

──デビュー10周年という節目に、7年振りとなるインターナショナルアルバムで世界にチャレンジしようと思ったのはなぜでしょうか?

「ひとつには、日本での活動が忙しかったから。間を開けることなくアルバムを出し続けてきて、それに伴うライヴやプロモ活動に専念していたし、正直なところ“いい作品が出せないんじゃないか”“人に気に入ってもらえる作品が自分には作れないんじゃないか”という恐怖心も、私の中にずっとあったからだと思う。」

──それを克服できた?

「そこから学んだのよ、“じゃあ、いい作品、いい音楽って何?”って(笑)。“作ってみないと分からないじゃない”と自分に言い聞かせて、とにかくありのままの自分を出した作品を作ってみようと思った。自分にできることは、心から作りたいと思う作品に最善を尽くすことだから。アーティストとして表現をする才能を与えられた以上、やってみるべきだと思ったの。」

──『メタモルフォーゼ』は各楽曲の振り幅が大きく、スケールの大きい世界の音楽を自由に取り込んだゴージャスなサウンドになっていますね。

「時間の経過とともに経験を積んで、ひとりの人間として成長して、いろいろな物語が自分の中で蓄積されていく。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!