1

小室哲哉が引退を表明 不倫報道を受けて謝罪、「私なりのけじめ」

2018年1月19日 16時39分

小室哲哉

[拡大写真]

小室哲哉が引退を発表。自身のオフィシャルサイトにファンおよび関係者に宛てた謝罪のコメントを掲載した。

【もっと大きな画像を見る】

1月18日発売の『週刊文春』で看護師の女性との不倫疑惑を報じられた小室哲哉。本日1月19日に会見を開き、引退を表明した。

オフィシャルサイトでは「私なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました。ファンの皆様におかれましては、約35年という長い間、ご声援を頂き、心より感謝申し上げます」と綴られている。また仕事については「現在、ご依頼頂いているお仕事に関しましては責任を持って完遂させて頂く所存です」としており、「長い間、小室哲哉を応援頂き、また、ご支援頂きありがとうございました」と結ばれている。

小室哲哉は1958年東京生まれ。1983年に宇都宮隆木根尚登と共にTM NETWORKを結成し、翌年にデビュー。“Get Wild”などのヒット曲を生んだ。さらに1993年にtrfを手掛けたことをきっかけにプロデューサーとしてもブレイクし、篠原涼子安室奈美恵華原朋美、H Jungle With t、globeなど数多くのアーティストをプロデュース。ミリオンヒットを連発した。2008年には詐欺容疑で逮捕。2010年に復帰後、AAA森進一北乃きいSMAP浜崎あゆみといった幅広いアーティストに楽曲を提供していた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    クロ、って事で良いのかな?シロなら逃げるように引退する理由にはならんでしょ。別にそれ自体は個人的問題だからどっちでも良いが、嫁の状態や介護を持ち出して同情誘うようなあの会見はやっぱり卑怯。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!