0

CIVILIAN、2マンツアー初日に中田裕二(元・椿屋四重奏)と一夜限りのスペシャルユニット

2018年5月17日 15時00分

撮影/高田真希子

[その他の写真を見る]

3ピースロックバンド、CIVILIANが5月16(水)に東京・CLUB QUATTROにて、東名阪2マンイベントツアー『CIVILIAN presents INCIDENT619』を開催した。

「INCIDENT619」シリーズは、CIVILIANがリスペクトするアーティストとの2マンイベントで、改名前の「Lyu:Lyu」時代、2011年11月に初の自主企画としてスタートした。通算11回目となる今回は、元・椿屋四重奏の中田裕二を迎え、中田のバックバンドをCIVILIANが務める一夜限りのスペシャルユニットも結成された。

最初にステージに登場したのはCIVILIANの3人だった。企画の主催者がトップバッターかと思いきや、ヴォーカル&ギターのコヤマヒデカズが「今日、ここに集まってくれた誰よりも俺たち3人が今日、1日を楽しみにしてきました。我らのゲストをお迎えします!」と語り、盛大な拍手とともに中田裕二が呼び込まれた。「どうも、俺たちがCIVILIAN四重奏です!」と挨拶すると、場内からは歓声があがった。
 
CIVILIANをバックバンドに従えた中田は、「普段の僕のお客さんと違って戦闘態勢っていう感じがしますけど、受けてたとうじゃないか!」と笑顔で煽りながら、3月21日にリリースされたニューアルバム『NOBODY KNOWS』に収録されているロックンロールナンバー「マレダロ」でライブをスタートさせた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「CIVILIAN、2マンツアー初日に中田裕二(元・椿屋四重奏)と一夜限りのスペシャルユニット」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!