0

俳優・山崎賢人が見守る中で世界的ピアニスト辻井伸行が話題の映画ED曲を生披露 今夜放送のMステで

2018年6月15日 07時00分
2009年にアメリカで行われた『ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール』で日本人初の優勝を果たし、以来、日本を代表するピアニストの一人として国際的な活躍を繰り広げている29歳の天才ピアニスト辻井伸行が今夜放送の『Mステ』に初登場。山崎(正しくは「たつざき」の「さき」 ※以下同)賢人主演映画『羊と鋼の森』のエンディングテーマであり、世界的音楽家・久石譲とタッグを組んだことでも大きな話題を呼んでいる楽曲「The Dream of the Lambs」を生披露する。

この楽曲について辻井は「久石さんに楽譜をいただいた時に、どのような気持ちで作曲されたのかを想像し、また映画のイメージを自分の中で膨らませてレコーディングに挑みました。この曲は感動的で、美しく、弾いていて本当に楽しいです」とコメント。

初めてのMステ出演については「僕は普段クラシックのピアニストとして活動していますので、まさか『Mステ』に出演するとは思ってもいませんでしたし、タモリさんにお会いできて光栄です。貴重な機会をいただきましたので、番組をご覧の皆様に少しでもピアノに興味を持っていただけたら嬉しいなと思っています」と意気込みを語っている。

またスタジオには、同作でピアノの調律師を志す主人公・外村を演じた俳優の山崎賢人も登場。同じくMステ初出演となる山崎が、同じ空間で辻井のピアノ演奏を見守る。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「俳優・山崎賢人が見守る中で世界的ピアニスト辻井伸行が話題の映画ED曲を生披露 今夜放送のMステで」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!