0

新生M!LK 「GirlsAward」メインアクトに登場 33300人を前に堂々たるパフォーマンス

2018年9月16日 22時00分

撮影/笹森 健一

[その他の写真を見る]

※すべての画像を見る<計14点>※

板垣瑞生、佐野勇斗、塩崎太智、曽野舜太、山中柔太朗、吉田仁人、琉弥からなる7人組ボーカルダンスユニットM!LKが、9月16日(日)幕張メッセ 国際展示場1~3ホールで開催された日本最大級のファッション&音楽イベント『Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER』のメインアクトとしてLIVEステージに登場し、来場者33,300人(延べ人数)の中、堂々たるパフォーマンスで会場を湧かせた。

「GirlsAward」中盤の18時過ぎ、センターステージに7人のシルエットが浮かび上がると、会場はメンバーカラーのペンライトで彩られ、大歓声に包まれながらM!LKが登場。1曲目は、歌詞にM!LK 7人の自己紹介が盛りこまれているアゲアゲノリノリソング「めちゃモル」で幕明け、会場をM!LK色に染めあげると、続いて、M!LK新体制になってからの新曲「Over The Storm」を披露し、会場を完全ロックオン! 疾走感溢れるスピーディーなメロディーにのせ、7人の王子たちが代わる代わるパフォーマンスでステージを魅了した。

MCでは、「業界大注目のM!LKです!」と堂々と挨拶すると、M!LKのリーダー吉田仁人が「今披露した僕たちの新曲『Over The Storm』を11月14日にリリースします。そしてそのリリースイベントが明日9月17日(月・祝)から始まりますので、ぜひお近くの会場に遊びに来ていただけたらと思います」とコメント。

「新生M!LK 「GirlsAward」メインアクトに登場 33300人を前に堂々たるパフォーマンス」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!