0

花見のどこがいけないの?

2011年4月7日 07時00分 (2011年4月13日 06時49分 更新)

花見のどこがいけないの?

[拡大写真]

桜並木が美しい近所の公園。ご多分に漏れず、「宴会自粛のお願い」の看板が立っていた。例年なら周辺の会社や事業所が路上にテープを張って熾烈な場所取りを展開するんだけれど、それもほとんど見当たらない。桜だけが去年と変わらず静かに美しく咲き誇っていた。

今年は花見をしちゃいけないの? と悩んだり、花見をしたら白い目で見られそう、と不安になったりする人も多いよう。教えて!gooにもこんな質問が寄せられた。

皆さんは今年、お花見をしますか?

自粛ムード

そもそもなぜ、自粛の呼びかけがこれほど広がったのか。

   「お花見っていうのはほとんどがドンチャン騒ぎです。しないようにしようと思っていても、酒が入ったら必ずそういう人が出てくるんですよ」(onioni1999さん)

   「周囲の迷惑も顧みず、べろんべろんに酔っぱらったオッちゃんと花見をするぐらいなら今の状況の方がマシ、と思えなくもない」(trajaaさん)

確かに日本ではなぜか、花見=宴会=酒を飲んでどんちゃん騒ぎ、という図式が出来上がってしまっている。大声を出したり脱いじゃったり木に登ったりする人もいたりして、翌朝の公園はゴミの山。そんな騒ぎがなくなって静かな花見ができるのなら、その方がいいと考える人は結構いるかも。

   「実際にはどんちゃん騒ぎを自粛するよう要請しているのであって、シラフで桜を見物する花見まで自粛しようと言っていないのですから、良いじゃあないですか? 私は、上野の森もワシントンの川沿いみたいに子供たちやシラフの女性も安心して花見ができるようになることを希望します」(Mokuzo100nennさん)

こんな時だからこそ桜で心を和ませたいという声もある。避難所生活を体験し、今も不安な日々が続くという茨城県在住の回答者は言う。

   「私の住む町は田舎で特に自慢できるような目立つものはありませんが、駅前通りに連なる桜の木々が満開になった時の素晴らしさは絶品です。花見とは必ずしも飲み食いしてドンチャン騒ぎすることばかりではありません。こんな時だからこそ私は桜が薄紅色の花びらを開く姿を見たいと思っています」(a_mayora13さん)

もちろん自粛に対する考え方は人それぞれ。毎年花見の幹事役という人からはこんな意見が寄せられた。

   「毎年、いつにしますかとしつこく聞く後輩が気仙沼の出身です。私は、彼が参加するなら是非やろう、やりたいっていう気がしれないという人にはしつこい勧誘と思われないようにしよう…そう思っています。感情の問題だからどうにもならない…日本が早く元気になるには、一定期間の喪が必要と思う人は喪に服してから元気だしてもらえば良い…でも私は違う…そう思っています」(tac48さん)

tac48さんが「感情的な言葉で花見を非難する人も散見されます」と指摘している通り、自粛しない人をとがめるような風潮の方が怖いと私も思う。自粛とは言葉通り、自分の判断でするものであって、他人に強要したりされたりする筋合いはないはずだから。ただ、自粛とは関係なく、「本来の花見とは?」と改めて考えるいい機会にはなるかもしれない。

鈴木聖子(Suzuki Seiko) →記事一覧

■関連Q&A
こんな時に花見をする会社
のんべいの皆さん!今の自粛ムードどう思いますか?
■関連記事
娯楽を「自粛」する気持ち、必要?
計画停電、東京23区ほとんどが対象外!不公平では

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!