0

「節電」と称して冷暖房カット!経費削減は違法か

2011年7月11日 07時00分 (2011年7月15日 15時49分 更新)

暑くてやっていられない!

[拡大写真]

毎日のニュースで節電のニュースが流れない日はありません。ちょっとやり過ぎかもと思われる場面も見受けられるこの節電風潮ですが、許せないのはこの風潮に便乗して、必要のある箇所の電気も切ってしまう場合があること。教えて!gooにも、この節電に便乗した職場に勤務する悲痛な質問があがっています。

節電と称して冷暖房を入れなくなり困ってます

質問者sdeernmnさんの職場は、節電で冷暖房全カット。照明も暗く、退職者まで出ている始末です。しかし上の人たちは「被災者のご苦労を思うと、これくらいは我慢しないといけない」などと言っている状況のようです。

■「熱中症の危険性が高くなる」

   「やはり一切エアコンを使わないとなると、熱中症の危険性が高くなるので、私はやりすぎだと思います。…熱中症は室内で起こる場合が多いという事実を上司が理解してくれないと命の危険性があります」(chena0507さん)

   「過度な節電が原因の退職者は常識的に考えれば、この時点で経営者は『ヤバイ!何とかしなくては!』と危機感を持つはずなのに、対策を取らないのはおかしい」(CBkochannさん)

   「節電なんて高めの温度設定でエアコンを使えば何とかなるものだし、まったく使うなとは政府も言ってないんですよ(使わないのが理想ではありますが)。ダイエットで食事制限と断食を混同しているようなもの」(tabasuko_otokoさん)

など、行き過ぎているという声が多数。企業には節電が義務付けられていて、違反すれば罰金が科せられる場合があるが「その会社は節電を言い訳に経費を浮かしているようにも見えますね」という意見も。寄せられた対策を見ると、
   
   「職場で同じ気持ちを抱いている方々と協力して、それとなく上司に『体調が悪い』や『仕事の効率が悪い』など伝えてみてはいかがでしょう。いくら節電できたとしても会社の売り上げが減れば『まずい』と思うかもしれません」(chena0507さん)

   「細かいことはわかりませんが、体調不良に陥る前にデータをそろえて監督官庁(労働基準監督署)などに提出してはどうでしょう?つまり、単純に『暑い!蒸す!!』と文句を言うだけではなく、いかに過酷な状況下で、どのような職務に就いているのかを知ってもらうという意味です」(CBkochannさん)

一方、「労働安全衛生基準を持たない職場などでは、陥りやすい事態」と指摘するのはqualheartさん。

   「小さな事務所だとそういった管理意識は低く、本当に熱中症になってしまいかねませんので、一般企業ではそういった対策をしているという話も積極的にしたほうがいい」(qualheartさん)

■労働安全衛生法違反の疑いあり

企業には、労働者の健康を守る義務が労働安全衛生法に定められています。労働安全衛生法の規定による事務所衛生基準規則では、屋内でエアコン等がある場合は、17度以下あるいは28度以上の室温にした場合、違反となります。改善を求めて解消されない場合、健康を害した責任は会社側に発生します。

たしかに被災者の方々の気持ちというのも大切ですが、節電のやり過ぎで熱中症になってしまっては本末転倒ですね。

桜井 規矩之左右(Kikunozou Sakurai) →記事一覧

■関連Q&A
節電の意識が低い職場です
節電でクーラー止めても扇風機が回っています
■関連記事
オフィスが暑い!熱中症を予防するには?
かっこいい英語のTシャツは?(漫画ソーシャルマン)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!