0

【中国】日本製品ボイコット運動にキヤノンのカメラで参加した人物が話題に / 中国人「すごく中国らしい」

2012年8月21日 11時00分 (2012年8月22日 10時54分 更新)

8月15日の香港と台湾の活動家による尖閣諸島上陸をきっかけに、中国各地で反日デモが起こっていると報じられている。日本製品ボイコットを叫ぶ者も現れている。そんななか、ある一枚の画像がネット上で話題となっている。

その画像に写る人物はデモの最中に日本製品ボイコットをかかげながらも、海外の人気日本製品の筆頭・キヤノンのカメラを愛用しているようなのだ。

デモの現場で撮影されたという写真には一人の男性の後姿が写っている。男性の着ているTシャツには日の丸にバツ印、そして中国語で「日本製品ボイコット」と書かれている。そしてハッキリとは写っていないが、複数の有名日本企業のロゴもプリントされているようだ。

しかし、この男性の首元に注目していただきたい。彼が下げているのは、間もなく創業80年を迎える日本のデジタル機器メーカー・キヤノンのカメラ用ストラップである。とてつもない矛盾だ。
  
この画像を見た中国ネットユーザーは

「言っていることとやっていることが違う(笑)」
「すごく中国らしいのだが」
「笑けてきた」
「訳がわからんまま参加してるんだろうなぁ」
「きっとキヤノンが日本のメーカーだって知らないんだよ」
「これ日本人が見たらどう思うかな」
「というか一体何のデモなの?」

と苦笑いである。
 
なお、現地では反日デモ参加者の中国人が、日本車に乗っている中国人を車ごと襲うという事態も発生しているそうだ。「こんなところを見られたら、世界が中国をどう思うだろうか」「日本製品を売って生計を立てている中国人もいる」とこの情況を憂慮している中国メディアもある。

ちなみに現地の市民数名に聞いてみたところ「反日デモ? どうでもいい」「庶民には関係ない話」と関心を示さなかった。この男性も野次馬的な感覚で、なんとなく愛用のカメラを持って写真を撮りに行ったのだろうか。聞いてみたいものである。

参照元:Weibo @幽壹


画像をもっと見る

●関連記事

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!