0

まるで靴ひもを結んだ巨岩…「悪魔のタワ−」と呼ばれるコロンビアの絶景スポット

2013年6月5日 19時30分

コロンビアの第2の都市メデジンの郊外にあるグアタペの街には、7000万年前に形成されたという巨岩 「ピエドラ・デル・ペニョール」 があり、現地では人気の観光スポットとなっているそうです。

景色の美しさもさることながら、ひと目見たら忘れられない、 靴ひもを結んだような(?) 景観をご覧ください。

1.


場所はコロンビア北西部。

2.


「ピエドラ・デル・ペニョール」は高さ220mもある巨大な1枚岩。

別名として「悪魔のタワー」や、近隣の街の名前から「グアタペ・ロック」とも呼ばれています。

この写真からだと「どの辺が靴ひも?」と思うかもしれませんが、アングルを変えると……。

3.


つぎはぎだらけ!?

4.


大ケガを縫合したようにも見えるこの正体は……。

5.


そう、階段がジグザグに、上まで続いているのです。

6.
[画像を見る]
全部で649段。

7.
[画像を見る]
頂上まで登るのは大変そうですが、登りきると……。

8.
[画像を見る]
これはっ!?

9.
[画像を見る]
なんという絶景!

10.
[画像を見る]
頂上は360度見渡せるパノラマになっているとのこと。

11.
[画像を見る]
あたり一面に広がるのは湖。

12.
[画像を見る]
こちらは、近くのグアタペの街。

13.
[画像を見る]
とてもカラフルな街並み。

14.
[画像を見る]
石畳の景観は、スペインの植民地時代そのままとのこと。

15.
[画像を見る]
岩には大きく「Gl」の文字が書き込まれていますが、「GUATAPE」とペイントしようとしたところ、近隣の別の自治体からクレームが入り問題となっているとのこと。景観上からも必要ない気がしますね……。

16.
[画像を見る]
遠くから記念撮影しても様になります。

17.
[画像を見る]
これだけのスポットだけに観光客もたくさん。階段以外の場所は、ロッククライマーの人気スポットになっているそうです。

18.
[画像を見る]
お土産も売られています。

19.
[画像を見る]
混んでいる時はこの通りの行列。

20.
[画像を見る]
でもこの眺めが見られるなら、すべてが吹っ飛ぶのではないでしょうか。


メデジンは地球の歩き方にも載っておらず情報も少ないのですが、ネット上の情報からは、コロンビアのイメージ通りに治安が悪いという意見と、近年は危険な地域を把握していればリスクは少ないという意見に分かれていました。

いずれにせよ行ってみたいという人は、しっかりした下調べが必要なようです。

Guatape - Wikipedia, the free encyclopedia , Flickr Search: Guatape

【まるで靴ひもを結んだ巨岩…「悪魔のタワ−」と呼ばれるコロンビアの絶景スポット】を全て見る

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「まるで靴ひもを結んだ巨岩…「悪魔のタワ−」と呼ばれるコロンビアの絶景スポット」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!