0

賞味期限から2カ月経った納豆を食べても平気かを専門家に聞いてみた

2015年5月17日 12時00分 (2015年5月22日 14時37分 更新)

賞味期限から2カ月経った納豆を食べても平気かを専門家に聞いてみた

[拡大写真]

過去に「教えて!gooウォッチ」では「納豆は賞味期限が過ぎてから、いつまで食べられるのか?」という記事をリリースした。

そこには「納豆は腐っているのだから」ということで、「冷蔵保存で2カ月経っていていても平気で食べれた」という意見も寄せられており、「納豆なら多少賞味期限を過ぎても大丈夫だろう」と考えている人が多いことが伺える結果に。だが、いくらなんでも2カ月はさすがに体に害があるのではないか……?

■賞味期限2カ月を過ぎて食べて体に害はないのか?

全国納豆協同組合連合会納豆PRセンターの広報に、賞味期限2カ月を過ぎても納豆を食べる読者がいると伝え、果たして問題はないのかお聞きしてみた。

「日本人と納豆は深く結ばれています。皆様のそんな納豆愛を感じます。私事ですが、2カ月以上冷蔵状態で水分がなくなって、カリカリになりますが、それを水に入れてふやかしても大丈夫でした。健康被害はありませんでした」(全国納豆協同組合連合会納豆PRセンター)

さすが納豆組合である。そのような事態はすでに経験済みのようで、健康被害をみずから立証するとは恐れ入った。ちなみに、この結果に対しては以下のような見解を寄せてくれた。

「比較的最近の冷蔵庫内は抗菌のタイプなので、侵されないのでしょう。常温放置ですと、3週間くらいでカビに侵されたこともありました。納豆菌も一部のカビ菌には弱いということです」(全国納豆協同組合連合会納豆PRセンター)

「納豆は賞味期限を切れても食べて大丈夫?」という記事でお伝えした通り、納豆は冷蔵状態でも納豆菌がじわじわと活動している。さすがに常温状態では長持ちしないということなのだろう。

■保存食の納豆が存在していた!?

冷蔵状態で賞味期限を2カ月過ぎても平気で食べれてしまう納豆だが、その賞味期限は1週間と意外と短かったりする。

すなわち、保存が効くようで意外と保存が効かない納豆だが、実な納豆の保存食というものが存在することを皆さんはご存知だっただろうか。

「干し納豆といった塩分を添加して乾燥させて保存するもの。また、五斗納豆といった、味噌(麹菌)などに入れて保存する納豆など。一度納豆に加工したものを昔の人はさらに保存して大切なタンパク源を補給していました」(全国納豆協同組合連合会納豆PRセンター)

こうした保存食の納豆ならば2カ月経っても平気だが、スーパーなどで売られている納豆は賞味期限が限られている。やはり「商品そのままでの納豆の賞味期限は、製造日から要冷蔵にて10日となっていますので、その期限内に召し上がっていただきたいです」というのが納豆組合の見解だった。

冷蔵状態であれば多少賞味期限が過ぎても体に害はないが、最も美味しい状態で食べるにはなるべく賞味期限内で食べ切りたいものだ。

柚木深つばさ(Yukimi Tsubasa)

■関連記事
賞味期限切れの蜂蜜を食べてもOKは真実?
ガムに賞味期限が書いていないワケ
■人気Q&A
納豆の薬味に、何を使う?
関西の方は納豆をほとんど食べない?
納豆は、賞味期限が切れても食べられるか?

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!