0

宝石の鑑定・鑑別はどこですればいい?費用はどれぐらいかかるの?

2015年9月13日 12時00分 (2015年9月17日 12時37分 更新)

宝石の鑑定・鑑別はどこですればいい?費用はどれぐらいかかるの?

[拡大写真]

冠婚葬祭で身に着けた真珠やプレゼントされたダイヤモンドが、タンスに眠っているという人はいないだろうか。久しぶりに出してみると、鑑定書がなく、その価値が分からない……という事態におちいっている人もいるだろう。宝石の価値が分かれば、子どもに受け継いだり、質に入れて新しいものに買い替えたり、有効活用できるはず。そこで今回は真珠の養殖、加工を行う薬師真珠の取締役を務める薬師広幸さんに、宝石の鑑定について話を伺った。

■ダイヤモンドは「鑑定」、真珠は「鑑別」

「まず基本知識として、『鑑定』と『鑑別』では意味合いが異なります。我々真珠屋は通常『鑑別』しか行いません。一方ダイヤモンドなど、宝石のグレードを判定するときに使われるのが『鑑定』です。『鑑別』は商品を本物と認定するために行います」(薬師さん)

まずは専門用語からしっかり学んでおこう。ダイヤモンドなどの宝石類は、価値のグレードが細かく存在するので、それを判定してもらうには「鑑定」が必要だ。しかし真珠のように本物かどうかの判定が必要な場合には、「鑑別」してくれるお店を探す必要があるので使い分けるといいだろう。

■鑑定・鑑別料は6,000円~15,000円

鑑定書のない宝飾を鑑定・鑑別してもらう場合、どのくらいの費用がかかるのか。続けて薬師さんに伺ってみた。

「たとえば真珠の鑑別の場合、約6,000円が相場です。これは卸価格ですので店頭では15,000円程かかる場合もあります。ダイヤモンドなどの宝石の『鑑定』は、更に高額です」(薬師さん)

品物にそれなりの価値があれば、鑑別や鑑定の価値がありそうだが、価値が低いものが対象の場合はあまり気軽とは言えないようだ。では実際鑑定や鑑別に出す場合、どこに行けばよいのだろう。

「宝石鑑別センターとうたっているお店で鑑別・鑑定ができます。このような場所は宝石業者を相手にしている場合が多く、個人では入りにくかったり、依頼を断られたりする場合があります。宝石の鑑定・鑑別は、お買い上げになったお店に相談するのが一番良いです」(薬師さん)

もし宝石を購入したお店を失念してしまった場合は、最寄りの「宝石鑑別センター」に問い合わせてみよう。断られてしまう場合もあるようだが、プロがしっかり鑑定・鑑別を行うので安心して依頼できるはずなので、ダメ元で問い合わせるといいだろう。

■鑑定書がなくても、宝石の価値は変わらない

「宝石の買い取りを生業(なりわい)としているところは自社の目に自信があるはずですから、そのような場所に売却しにいく場合、鑑定・鑑別書は必要ないでしょう。ただし、その宝石が本当はどれくらいの価値なのかご存知ない場合、安く買いたたかれるかもしれません」(薬師さん)

鑑定士は資格を保有し、経験に応じて信用度が増していくようだ。国家資格ではないが、正しい目利きのできる鑑定・鑑別士のいるところに依頼することが賢明だ。

「鑑定・鑑別書の値段は 500円~6,000円ぐらいが卸値です。ただ私の立場から言うと、真珠に関して、鑑定・鑑別書は必要ないものと思っています。プロが、偽物を本物と称して販売するなどありえませんので」(薬師さん)

鑑定・鑑別書はいわば、医師が発行する診断書のようなもの。素人でも一目で本物と認識でき、他人からも信頼が得られるツールの一つと捉えてよいそうだ。プロの鑑定・鑑別士から見れば、鑑定・鑑別書の有無はほとんど宝石の価値に影響しないと薬師さんは教えてくれた。結局、信頼できるお店で自分の好みの宝石を納得して購入し、手放すときもその店に相談することが一番安心と言えるだろう。

「教えて!goo」では、「皆さんは手持ちの宝石や真珠で本物かどうか鑑定してもらいたいものがある?」というテーマで、みんなの意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:薬師 広幸
薬師真珠取締役。
製造、加工した真珠を国内外の宝飾メーカーに卸している。厳しい基準をクリアし、世界で高く評価される湖水真珠を販売。クオリティの高さで、お客様の笑顔と安心を届けている。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

■関連記事
プロが教える高級ブランド品のニセモノを見分ける方法
プロが教える本物の真珠の見分け方
■人気Q&A
宝石業界の方!!お願いします!!
真珠や宝石などの鑑定
皆さんは手持ちの宝石や真珠で本物かどうか鑑定してもらいたいものがある?

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!