0

【マジかよ】ラグビー日本代表「五郎丸歩」選手の名字『五郎丸』の由来が意外すぎる件

2015年10月3日 07時45分

本日2015年10月3日、ラグビー日本代表が運命のサモア戦を迎える。南アフリカ戦での劇的勝利を受け、スコットランド戦で「初めてラグビーをちゃんと見た」という人も多いに違いない。

今大会、チームをけん引しているのが、フルバックの五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)選手だ。五郎丸選手の存在を知ったとき「……芸名?」と思った人も多いハズだが、もちろんれっきとした本名である。そこで世にも珍しき『五郎丸姓』について調べてみたぞ!

・いま最も注目の男性
「たくましすぎる肉体」と「優しい顔立ち」のギャップで、いま女性から最も熱い視線を集める、ラグビー日本代表の五郎丸歩選手。PKを蹴る際に、両手を交差させる独特のポーズで精神統一を図る、背番号15のあの選手である。

五郎丸とはなかなか聞き慣れない……どころか聞いたことがない名字だが、果たして『五郎丸姓』の人は日本にどれくらいいるのだろう? また由来はどこからきているのだろう? 今回は「名字由来net」で調べてみることにした。

・調べてみると……
「名字由来net」によると、日本にはおよそ990人の五郎丸姓がいるらしい。多い順に佐藤・鈴木・高橋・田中……と続く名字ランキングでは、第8288位とのことだ。続いて由来についてだが、下記のようになっているぞ。

「現福岡県北部である筑前国那珂郡五郎丸が起源(ルーツ)である。近年、福岡県南部である筑後地域、山口県、広島県に多数みられる。富山県小矢部市、広島県甲奴郡、熊本県山鹿市などに地名がある。石などのゴロゴロしている場所や川、山などの石の多い場所、五郎という人物の居住地、開拓地が由来」(引用)

なるほど、確かに五郎丸選手は福岡市出身だから、納得の答えである。でもまさか、「石がゴロゴロしているから五郎丸説」があるとは考えてもいなかった。五郎丸姓……おそるべし。

・由緒正しい名字だった
何はともあれ、『五郎丸姓』が由緒正しき名字であることは間違いない。1次予選突破をかけた運命のサモア戦は、日本時間22時30分にキックオフだ。がんばれ、五郎丸選手! がんばれラグビー日本代表!!

参照元:名字由来net
執筆:P.K.サンジュン
イラスト:稲葉翔子

この記事をロケットニュース24で読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【マジかよ】ラグビー日本代表「五郎丸歩」選手の名字『五郎丸』の由来が意外すぎる件」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!