0

故人の生前の姿を完全フィギュア化。中に遺灰を入れられる「遺人形」サービス

2016年4月1日 22時00分 (2016年4月2日 21時04分 更新)
[画像を見る]

 故人の生前の姿をそのままフィギュアに閉じ込めた「遺人形(遺フィギュア)」サービスが開始されたそうだ。これは故人の生前の写真をもとに 3Dデータを作成し、3Dプリンターで製作した石膏製のフィギュアで、中に遺灰を詰め込むこともできるという。

 このサービスを開始したのは3Dデータ制作、3Dプリンター出力、3Dフィギュアの企画、制作を行っているロイスエンタテインメント。立体化された生前の姿は、まるで愛する家族が別の形となって蘇ったようで、魂を近くで感じることができると、利用者から好評を得ており、既に50体の遺人形が家族の元に帰っていったそうだ。

 作り方は簡単だ。故人が良く写っている写真を複数用意して発送すればよい。あとはロイスエンタテインメント社がその写真からデータを起こし、3Dプリンターで立体化した石膏に着色していく。

[画像を見る]

 遺人形は既に2015年7月よりサービスが開始されていたのだが、顧客の強い要望を受け、2016年4月から、遺人形の中に遺灰を入れることができるようになる。専用ケースに遺灰を詰め込み、それを人形にセットすることで、人形と遺灰が一体化する。

[画像を見る]

 料金は遺人形の大きさによって異なる。別途送料・梱包料が1,500円かかる。高さ20cmで100,000円(税抜)、高さ25cmで150,000円(税抜)、高さ30cmで200,000円(税抜)となっている。納期は1.5~2ヶ月程度だそうだ。

遺影写真から作成する3Dフィギュア「遺人形」製作サービス
[画像を見る]

 これは人間はもちろん、愛するペットにも良いかもしれない。ただし石膏製なので割れたらアー!ってなりそうだけど。

【故人の生前の姿を完全フィギュア化。中に遺灰を入れられる「遺人形」サービス】を全て見る

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!