1

【ビッグカツ最強説】あの懐かしの駄菓子で料理を作ってみた

2017年8月8日 12時10分 (2017年8月8日 18時06分 更新)
どうも、普通に写真撮ったのにほとんどの色がどっか行った、でお馴染みのひらたくんです。

突然ですか皆さんは駄菓子は好きですか?僕は好きです。

ちなみにどのくらい好きかと言うと、家に常備してあるのはカップ麺でもお茶でもなく駄菓子というくらい好きです。しかし先日こんなことがありました。

先日家に招いた友人が、「腹減った」と言うので「なんか作ろうか?」とちょっと料理できる感を出した発言をしたのですが、食材が何も無く、あったのは駄菓子だけで何も作れないという恥ずかしい思いをしました。そこで僕はこう思ったのです。

というわけで今回の企画はこんな誰にも共感されなさそうな思いを叶えるための企画でございます。題して、

もし駄菓子料理を作れればこんな恥ずかしい思いをせずに済む。なんなら普通に料理を作るよりも、料理できる感が増すという一石二鳥っぷり。それでは早速作っていきます。

実際に作ってみる

今回使う駄菓子はこちら。

じゃがりこ、うまい棒、おやつカルパス、ビッグカツ、4つの駄菓子を駆使して料理を作っていきたいと思います。さらに僕の家の冷蔵庫にギリギリあった調味料も使います。

コーンポタージュ

まず最初はうまい棒コーンポタージュ味を使ってコーンポタージュを作ります。頭をフル回転させた結果、この料理が浮かんできた時はさすがに才能無いなと思いました。

作り方はとっても簡単。鍋にうまい棒と冷蔵庫にあった牛乳を入れ、温めながら混ぜるだけ。もはや「作り方」という言葉すらおこがましい。そして塩入れて完成。

うまい棒コーンポタージュ味コーンポタージュ!
見た目は100点、発想0点、ネーミングセンス0点の料理が爆誕しました。

カツサンド

続いてはビッグカツを使ってカツサンドを作ります。小学生みたいな発想が続きますのでご注意ください。

パンにマヨネーズとからしを塗り、ビッグカツを切り挟むだけで完成。

ビッグカツサンド!
カツを刻んだせいで完全にビッグ感は消え失せました。そしてこの料理、この世でカップ麺の次に簡単です。

ポテトサラダ

そして最後はじゃがりこからポテトサラダを作ります。

「じゃが」から「ポテト」と日本語から英語に翻訳するくらいの変化がようやくここで見られますね。作り方はまずじゃがりこにお湯を入れて混ぜます。

このくらいのスピードで混ぜれば2秒くらいで終わりますが、普通の方はゆっくりしっかり混ぜるのがオススメです。

そしてここに刻んだカルパスを入れ、楽しい食感を加えます。楽しい食感ってなんですか?そして完成。

じゃがりこポテトサラダ!
マッシュポテトと言った方が良いのかわからないですが、じゃがりこがサラダ味なのでサラダにしておきます。

すべての駄菓子料理が完成したので、ここで一度きちんとテーブルに配膳してみました。

意外と良くないですかこれ?!
見た目に関しては元の駄菓子を想像させないほどのクオリティになったかと思います。それでは早速試食に移りたいと思います。

駄菓子料理試食!

僕だけで試食すると孫を溺愛しているおじいちゃんくらい甘い採点になるので社内の人間にも協力してもらいました。

弊社ライターのクレイジーぴんくさんです。「よくよく考えるとイカれた名前No.1」の女性ライターです。

「駄菓子で料理作ったんで食べてくれませんか?」と声をかけたところ「食べる

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    どっかのサイトでやったヤツを真似てるだけじゃん、何か無理やり面白くしようとするのは不愉快に感じ、よく見るフレーズだし、安易に金稼ごうという考えが透けて見える、こういうのを陳腐って言うんだよ

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!