5

タイトルから主人公を勘違いしがちな作品ランキング

2017年11月19日 11時30分 (2017年11月26日 11時27分 更新)
アニメや漫画にとって作品のタイトルはとても重要な意味をなすもの。タイトルから内容をイメージする人も多いのではないでしょうか。そんなアニメや漫画のタイトルの中には、主人公とは異なる名前が入っていることで、見た人が主人公を勘違いしがちな作品も存在します。
そこで今回は、タイトルから主人公を勘違いしがちなアニメ・漫画について探ってみました。

1位 天才バカボン
2位 涼宮ハルヒの憂鬱
3位 妖怪人間ベム
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『天才バカボン』!

赤塚不二夫とフジオ・プロによって生み出された、誰もが知るギャグ漫画の名作・『天才バカボン』。ちょっとおバカなバカボンと、バカボンのパパを中心に巻き起こる家族とその周囲の騒動をコミカルに描いたホームコメディです。
バカボン、バカボンのパパ、レレレのおじさん、目ン玉つながりのお巡りさん…など、個性的なキャラクターも人気を集めており、グッズ化され、今も店頭で見かけることが少なくありません。
この作品のタイトルにバカボンが入っていることから、てっきり主人公はバカボンだと思っている人も多いようですが、実は主役はバカボンのパパ。タイトルから勘違いしていたという人が多く、1位となりました。

2位は『涼宮ハルヒの憂鬱』!

ライトノベル涼宮ハルヒ』シリーズが原作のアニメで、そのクオリティの高さから爆発的な人気を誇ったこの作品。変わり者のヒロイン“涼宮ハルヒ”を中心に、その周囲で巻き起こる様々な出来事を男子高校生“キョン”の視点から描いています。
タイトルから涼宮ハルヒが主人公だと思っていたという人が多数。見たことがない人は主人公の“キョン”という名前を知らなかったという人がほとんど。主人公を勘違いしていた人が多く、2位となりました。

3位は『妖怪人間ベム』!

人間に憧れる妖怪人間“ベム”“ベラ”“ベロ”の三人がいつか人間になることを夢見てこの世の悪と戦うストーリー。「早く人間になりたい」という三人の合言葉が有名です。
この作品の主人公はベムではなく、実はまだ幼いキャラクターのベロ。タイトルから勘違いしていたという人が多く、3位となりました。

このように、タイトルに入っている名前と主人公が異なることから、主人公を勘違いしがちな作品は少なくありません。気になる4位~30位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、主人公を勘違いしていた作品がありましたか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,251票
調査期間:2017年6月24日~2017年7月08日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    ゼルダは・・・?

    4
  • 匿名さん 通報

    ローマ法王からも消えろと言われる屑>阿呆が風刺のネタを信じてやがるwwwまぬけ

    1
  • 匿名さん 通報

    「機動戦士ガンダムSEED Destiny」が入っていない……意外だ

    0
  • 匿名さん 通報

    チョン 自民族が世界の中心だと思っているが、ローマ法王からも消えろと言われる屑。

    0
  • 匿名さん 通報

    ドラえもんも主人公はのび太だって聞いたんだが

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!