0

30年間誰ひとり中身を見たことのない「ゴースト・クロック」…布の下は大きな古時計ではなかった!

2017年12月17日 19時33分 (2017年12月29日 22時59分 更新)

こちらはアメリカ・ワシントンDCのスミソニアン美術館に展示されている 「ゴースト・クロック」 ─ウェンデル・キャッスル作。

1985年に製作されてから30年間、誰も布の下を見たことがないのだとか。

訪れた海外の人物が、「きっと布の下には『おじいさんの古時計』みたいな時計なのだろう」と想像したところ……。

説明書きには、意外な事実が記されていました。

Just Try And Look Under Grandfather Clock’s Sheet!


首都ワシントンDCにあるスミソニアン美術館の入り口。


1985年に製作されて以来、布が外されたことはなく、作者以外は誰も中を見たことがありません。

そう言われると、どうなっているのか気になってしまいますね。

[画像を見る]
裏側。

ほとんどの人は「大きな古時計」“My Grandfather's Clock”のような時計だと連想するのですが……。

[画像を見る]
説明書きによると、実は時計ではなく、マホガニーから造られた木彫りの彫刻なのだそうです。

みんながダマされてしまうのは、ゴースト・クロックという名前と、作者の他の12作品はすべて本物の時計で、シリーズ13番目のこの作品だけがフェイクのため。

といっても誰も中身を確認していないのだから、もしかすると本当は時計かも……。

見た目だけでなく、存在そのものが幽霊みたいな時計ということなのでしょう。

想像力を掻き立てられますね。

【30年間誰ひとり中身を見たことのない「ゴースト・クロック」…布の下は大きな古時計ではなかった!】を全て見る

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!