0

なんとアメリカ人の42%が破産状態で老後を迎えるとの調査結果…海外の反応

2018年4月19日 20時30分

かつてのような超大国ではなくなったとはいえ、世界一の経済大国であるアメリカ合衆国。

しかしながら庶民の暮らしは、一般に思われている以上に困窮・不安定になっているようです。

42%のアメリカ人が貯金1万ドル(約100万円)未満であり、ほぼ破産状態で老後のリタイヤを迎えるだろうとのアンケート結果が出ています。

42% of Americans have less than $10,000 saved and will retire broke.

GoBankingRateが発表した内容によると、ほぼ半分にあたる42%のアメリカ人が定年を迎えたときの貯金が1万ドルに満たないそうで、全く無し(0ドル)の人も18%に達しています。

貯金ができない最大の理由は貯金をするだけの稼ぎがないことで、月々の支払いをするだけで精一杯なのが現状です。

「なぜ貯金をしないのですか?」というアンケートには
・稼ぎが十分ではない……40.1%
・リタイヤのための貯金が必要ではない……10.3%
・借金の返済を優先している……5.7%
・職場で年金プランがない……9.2%
・日々の暮らしで精一杯……24.9%
・緊急時にリタイア用の貯金を使ってしまった……9.9%

将来が不安視される人が非常に増えているようです。

海外掲示板のコメントをご紹介します

●なんて偶然なんだ。自分はアメリカ人で貯金も1万ドル以下だ。

↑ (投稿者) 42%の1人だね。

↑もう貧乏でいるのでさえ費用がかかる。

↑貧乏でいるのをやめようとトライしたことは?

↑何歳ですか。このパーセンテージは年齢とともに下がる。

●まるでわれわれの将来がリタイヤするみたいなストーリーだな。

↑代わりに「死」と「リタイア」を。

●アメリカのリタイア計画っていうのは「死」なんだ。

●物の値段が上がるのに、賃金が1970年代くらいから停滞しているので、これは避けられない結果である。毎月の給与を使い切るような生活を国民の半分がするとこうなる。

●ほとんどの人が自分の財力内で生きる選択をしない。

●これは1000人を調べた結果なので、あてにはならないのでは。

↑統計ってのはそんなもんだ。

●これは破産のまま死ぬってことだろう。そうでなけりゃ破産していてどうやってリタイヤするんだ。

●これは借金バブルが膨れ上がって消えるまでの話。

●リタイヤしなければ、破産してリタイヤもない。

●自分はリタイヤできると思っていない。年金が足りなければ働くしかない。


多くの人が、かなり危険な貯金状況であるとのこと。大国とは言え一般人の生活が楽ではないことを物語っています。

【なんとアメリカ人の42%が破産状態で老後を迎えるとの調査結果…海外の反応】を全て見る

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!