0

実はストーリーがちゃんと分かってない昔話ランキング

2018年7月11日 11時30分
桃太郎に一寸法師、浦島太郎など多くの昔話がある日本。童話や絵本、アニメなどでいろいろな日本昔話を耳にしてきたかと思います。
しかしタイトルこそ覚えがあるものの、実際にそのストーリーを思い出せる作品って意外と少なくありませんか?

そこで今回は「実はストーリーがちゃんと分かってない昔話」をアンケート、ランキングにしてみました。
タイトルは知っているのにストーリーがわからない昔話とは、一体どんな昔話だったのでしょうか?

1位 金太郎
2位 分福茶釜
3位 座敷わらし
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『金太郎』!

マサカリ担いだのは知ってる、『金太郎』が堂々の1位に輝きました。
何となく力持ちの子どもがクマと相撲しちゃうようなイメージがあるかと思います。その通り、金太郎が相撲をとればクマをも投げ飛ばすほどの超人のような子どもで、橋が渡れず困っている動物を見ると体当たりで大木を折って橋にしてしまう優しさとパワーを持っています。
そんな金太郎は強い力と優しい心を持ったまま成長し、都の偉いおさんの家来となって悪者をたくさんやっつけた、というのが大体のストーリーとなっています。

2位は『分福茶釜』!

タヌキが化けた化け茶釜、『分福茶釜』が2位を獲得しました。
わなに掛かったタヌキを助けた貧乏な古道具屋さんは、タヌキが化けた茶釜をお寺に売るようタヌキに言われて売ってみたり、芝居屋を貸し切ってタヌキが綱渡りなどの芸をする事で大繁盛、古道具屋さんはタヌキのおかげでお金持ちになったそうです。

3位は『座敷わらし』!

ある意味ホラー、『座敷わらし』が3位にランク・インしました。
幸運を運ぶと言われる2人1組の座敷わらし。座敷わらしがその家にいる間は繁盛するのですが、座敷わらしが出てきた家は落ちぶれてしまう、というなかなか怖いお話です。

筆者は『分福茶釜』を「茶釜にはまったたぬきが綱渡」する話だと思っていたんですが、茶釜と綱渡が別々のイベントだったと知って驚きました。

-->今回は「実はストーリーがちゃんと分かってない昔話ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~39位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,728票
調査期間:2018年5月14日~2018年5月28日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「実はストーリーがちゃんと分かってない昔話ランキング」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!