0

時代の変化に合わせて増える共働き世帯、気にしているのは何?

2018年7月19日 17時00分
最近では女性の社会進出が進み、ママ・パパが二人とも働いている共働き世帯が増えているようですね。
悩みが尽きないイヤイヤ期と反抗期、みんなはどうしてる?」の回でも紹介したように、この時期の子育ては一筋縄ではいかないことが多く、悩みを抱えている共働き世帯もいるのではないでしょうか。そこで今回は「共働き」という検索ワードについて検証していきたいと思います。

「共働き」について最も多くの人が検索するのはいつ?

まずは検索ワード「共働き」の直近1年間における検索数推移を、dメニューの検索ログから見てみましょう。期間は2017年6月1日~2018年5月31日です。
グラフを見て目につくのは、検索数が大きく増えている昨年12月~今年1月にかけてですね。この時期に検索数が増えた理由としては、4月から始まる新年度の認可保育園入園申し込み締切が12月に多いことが関係していると考えられます。小さな子どもがいるママやパパが、認可保育園の入園申し込み後に「共働き」について調べていた可能性は高そうですよね。

さらに「共働き」と一緒に調べられている検索ワードを見ていくと、12月までは検索数が0だった日本テレビアナウンサーの「桝太一」が1月に急上昇していました。「桝太一」については後ほど詳細を見ていきましょう。

「共働き」を含む検索ワードで最も多かったのは?

それではここで、直近1年間で「共働き」を含む検索ワードにはどんなものが多かったのかについて、ランキング形式で見てみましょう。

1位 夫婦
2位 家事
3位 家計
4位 貯金
5位 疲れ
6位 子ども
7位 夕飯
8位 桝太一
9位 食事
10位 年収

1位は「夫婦」。1月に多く検索されていた「家事」「家計」がそれぞれ2位と3位という結果でした。上位三つの検索ワードを見ると、共働きをしている夫婦の間では家事分担や家計の管理方法などについて関心ある人が多いようですね。
またランキングを10位まで見てみても、3位「家計」、4位「貯金」、10位「年収」と、こちらもやはりお金に関するワードを検索している人が多いことが分かります。

気になる「桝太一」急上昇の理由は?

ここからは、1月以降に急上昇した「桝太一」の検索数推移を分析してみましょう。

12月まで検索数0だった「桝太一」の検索数が突然増えた理由としては、この月に発表された好きなアナウンサーランキングに関するニュースで「桝太一」が前年度に5連覇を果たして殿堂入りしたことに触れていた点がまず挙げられるでしょう。
1月以降も検索数は大きく伸びていますが、これは1月24日に放送されたバラエティー番組『1周回って知らない話』(日本テレビ)に他のアナウンサーと共に出演し、奥さんとのエピソードを話した影響が大きかったようですね。

仕事と子育てを両立! 働くママはこれからも増え続ける

今回は「共働き」に関する検索ログを調べてみましたが、いかがだったでしょうか。今後も仕事と子育てを両立させる「働くママ」が増える傾向は続くと思われるので、共働き世帯もますます増加しそうですね。
NTTレゾナントでは、そんな「働くママ」を応援するためにコミュニティーアプリ「ままのわ」を運営しています。子育て期ならではの悩みを抱え、子育てと仕事との両立に不安を感じているママたちが自分と近い人に話したり相談したりできるサービスです。
「お題」「質問」「つぶやき」を通じて、自分の環境に近い働くママからアドバイスをもらえる「ままのわ」をぜひチェックしてみてくださいね。

ワーママの毎日がもっと楽しくなるコミュニティ | ままのわ

データ提供:dメニュー検索数集計結果より(期間:2017年6月1日~2018年5月31日)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「時代の変化に合わせて増える共働き世帯、気にしているのは何?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!