0

もう一度見たい医療ドラマランキング

2018年8月9日 07時30分
いつの時代も高い人気を集める医療系ドラマ。命と隣り合わせの緊迫した現場で巻き起こるトラブルや人間模様が魅力的ですね。では、中でも多くの人をとりこにした名作は一体どの作品なのでしょうか。
そこで今回は、もう一度見たい医療ドラマについて探ってみました。

1位 白い巨塔(2003年)
2位 救命病棟24時
3位 Dr.コトー診療所
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『白い巨塔(2003年)』!

山崎豊子の長編小説をもとにドラマ化され、大きな話題になったこの作品。天才外科医・財前五郎を主人公に、医局制度などの医学界の腐敗を描いた社会派ドラマとして人気を集めました。
実力主義の野心家、教授就任のためにあの手この手で成り上がろうとする財前五郎を演じたのは唐沢寿明。そして財前と反対に正義感が強い医師を演じたのは江口洋介
その他、石坂浩二伊武雅刀をはじめ、個性豊かな実力派キャストが多数出演し、大学病院を舞台に行われる教授選や医療過誤裁判といった見応えのある内容になっています。

2位は『救命病棟24時』!

1999年からフジテレビ系列で放送された人気の医療ドラマシリーズ『救命病棟24時』。救命救急センターを舞台に、現場のスタッフたちの葛藤や、患者と家族との交流を通じて命の大切さや重みを描いた作品。
江口洋介演じるクールで口数が少ないけれど確かな腕と心の温かさを持つ天才外科医、進藤一生の活躍がとにかくかっこよく、この作品を機に江口洋介のファンになったという人も多数。脇を固める役者も個性豊かで魅力的。毎回ハラハラドキドキして感動したという人が多く、2位となりました。

3位は『Dr.コトー診療所』!

沖縄の離島にある小さな診療所を舞台に島の人との人間模様が描かれたこの作品。穏やかで真面目な天才医師・Dr.コトーこと五島健助を演じたのは吉岡秀隆
島の過酷な医療状況の中、誤解から対立することもあった島の人たちとDr.コトーとの距離が少しずつ縮まり、信頼関係を深めてゆく様子を見て心が震えたという人が多数。3位となりました。

このように、タイプは違いますがカリスマ性のある天才医師が主人公の作品が上位にランク・インする結果となりました。気になる4位~53位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの医療ドラマをもう一度見たいと思いますか?

写真:タレントデータバンク
唐沢寿明|1963/6/3生まれ|男性|A型|東京都出身)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2018年6月07日~2018年6月07日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「もう一度見たい医療ドラマランキング」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!