世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年7月14日
0

オイル注射で腕が「リアルポパイ化」した男性、次はキャットフードで巨大化に挑戦



合成油脂を注入して腕が巨大化した男性が、次はキャットフードを食べて巨大化させようとしている。



 以前フロントロウでは、ボディビルダーを目指すロシアのキリル・テレシンという男性が、合成油脂を上腕に注入し、たった10日で腕のサイズが25cmにまで大きくなり話題を呼んでいるということをお伝えした



©facebook/Kirill Tereshin



 そんなキリルが次は新たな方法で腕の巨大化に挑戦している。それはなんと、キャットフードダイエット。猫を飼っているキリルは、キャットフードをプロテインよりも効果があると主張しており、1日6回キャットフードを食べることを1ヵ月続けると決意。





 ちなみに、キリルが注入したシンソールは筋肉を大きく見せる効果はあるものの、結果的には脂肪なので実際に筋肉が増えているわけではない。キリルは医者から「将来的に腕を切断しなければいけない」と言われるほど注入してしまっている。決して真似はしないように。(フロントロウ編集部)

「オイル注射で腕が「リアルポパイ化」した男性、次はキャットフードで巨大化に挑戦」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!