世界中の仰天ニュースをお届け!

2015年1月14日
4

最近になってやっと解明された宇宙に関する10の謎

 ある理論では、かつて火星ほどの大きさの小惑星が地球に衝突したとき吹き飛んだ破片が、やがて月を形成したと説明している。しかし、地球と月の間に自転と公転の同期が発生し、月の一方が常にドロドロに溶けた地球に面するようになった。このため地球側の月の表面は熱を保った一方、反対側は徐々に冷えていった。これが月の裏側に分厚い地殻ができた理由である。研究チームによれば、この厚い地殻が玄武岩のマグマが表面に噴出することを防いだらしいのだ。そして、メテオロイドは地球側のより薄い地殻に穴を開け、表面に噴出した。これが月に海を形成し、地球からウサギが餅をついているかのように見えるそうだ。

 しかし、最新の調査結果から、月面のウサギは内部からのマグマの噴煙によって形成されたもので、小惑星の衝突が原因ではないと主張する研究者もいる。真偽が明らかとなるには、更なる研究が必要そうだ。

■ 5. 宇宙に遍在する光の正体
[画像を見る]
 よく晴れた夜、空を眺めれば、そこには無数の星々が輝いているだろう。小口径の望遠鏡であっても惑星や銀河などがしっかりと確認できる。だがX線検出器があれば、夜空がぼんやりと輝いていることが判るだろう。これは宇宙X線背景放射と呼ばれている。この起源は長い間謎であった。

 しかし、NASAの探査機による調査で、そのほとんどは地球から数百光年離れた場所にある熱いガスに由来し、その残り(40%未満)は太陽系内に由来することが判明した。

コメント 4

  • ハリー 通報

    宇宙について何か知っていますか・・・・?

    11
  • にゃんこ 通報

    だいたい、宇宙は人類の予想、予測を裏切り続けている。まだまだ人類の手には負えない、宇宙を解明するには1000年以上必要だと思う

    11
  • たけ 通報

    宇宙の端っこに行ってみたい。何があるのか見てみたい

    11
  • なな 通報

    神が宇宙を司るのか?宇宙が神を司るのか?

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!