世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年1月3日
0

民間航空会社のパイロットが確かに見たと証言した5つのUFO目撃情報

これは私達がデトロイトを飛び立って直ぐの事です」
 ちなみにメサバ航空のパイロットは発光する物体に対して自らの機体のライトを点滅させる事で物体とのコミュニケーションを取ろうとしたが反応は無かったそうだ。クリーブランド管制塔側は「レーダーには何も映っていなかった」事から、パイロットはビーコンの反射を見間違えたのだろうと主張した。しかしパイロット側はこれを否定しており、光そのものは上空3千㎞の高さの所にあり、ビーコン以外の何らかの不思議な飛行物体だったと主張している。

[動画を見る]
Lake Erie UFO's! - Incident With Actual Audio Of Pilots recorded as it was happening!

■ 3. ナッシュ・フォーテンベリー事件、パンアメリカン航空

[画像を見る]

 1952年、パンアメリカン航空DC4便はマイアミからニューヨークへのルートを運行中だった。機体はウィリアム・B・ナッシュ操縦士とウィリアム・H・フォーテンベリー副操縦士によってオートパイロット状態で運転されていたが、突如として彼らの前にオレンジ色の光が出現したと言う。この時機体は丁度バージニア州ニューポートニューズの上空を飛行しているところだった。

[動画を見る]
The Nash-Fortenberry Sighting

 パイロットのナッシュはこの時の体験をこう語っている。

「民間航空会社のパイロットが確かに見たと証言した5つのUFO目撃情報」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!