世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月3日
0

クッキーの為に世界をまわるとかどうだろう?世界24カ国のおいしいクッキー(焼き菓子)巡り

たいていイースター用に作られ、紅茶やコーヒーのお供に最適。

5. アンザック・ビスケット(オーストラリア)
[画像を見る]

 オートミール用のロールドオートとココナッツで作るクッキー。オーストラリアやニュージーランドでは一般的で、第一次世界大戦中にできた。アンザックという言葉は、オーストラリアとニュージランド軍を示す。

6. ナン・エ・ベレンジィ(イラン)
[画像を見る]

 米粉、バラ水、カルダモンで作るクッキー。ケシの実をトッピングする。さまざまな味がまざりあい、ぜひ、食べてみたい一品。

7. コックシスター(南アフリカ)
[画像を見る]

 クッキーというよりどちらかというと、ドーナッツに似ている。三つ編みのような生地をたっぷりの油で揚げ、冷たいシュガーシロップに浸ける。とても甘くておいしい。

8. ナナイモバー(カナダ)
[画像を見る]

 発祥の地であるバンクーバー島の町の名前がついた、三層のクッキーバー。一番下は、溶かしバター、チョコレート、砕いたグラハムクラッカー、ココナッツやナッツ、真ん中は、カスタードバタークリーム、一番上は、チョコレート。贅沢、ゴージャスで言うことなし。

9. Mbatataクッキー(マラウィ)
[画像を見る]

 サツマイモのクッキー。ケーキ風で、よく上にレーズンを散らす。クッキーの形をした感謝祭のキャセロールのようなもの。おいしそうだ。

10. ライヴァス(ポルトガル)
[画像を見る]

 見た目もユニークなシナモンバタークッキー。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!