世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年11月30日
1

「サンタクロースはいる」と嘘をつくことが親子の関係を破壊すという研究結果(英研究)

[画像を見る]

 みんなは何歳までサンタクロースの存在を信じていた?ちなみにパルモは小6までで、クラスメイトのみどりちゃんが「そんなのいねぇよ、親だよそれ」と言い放ったことを親に言及した結果、いないことがわかっちゃった。その時のことを今でも鮮明に覚えているということはかなり衝撃的なことだったのだろう。

 サンタクロースは、ほとんどの小さな子供たちが楽しみにしている存在である。だがそのサンタクロースの存在を信じさせるメリットよりもデメリットの方が大きいのだそうだ。ある心理学者らは、サンタクロースは家族に長期的なダメージを与えかねないと主張している。

こんな大事なことが嘘だったなんて、親とか嘘つきまくりだろ?

 英エクセター大学の心理学者クリストファー・ボイル教授と豪ニューイングランド大学のキャシー・マッケイ博士は、子供がサンタは作り話であると自分で悟る前に実は嘘だったと両親が告げた場合、災厄が訪れると話す。

 子供は長い間騙されてきたと考え、ほかにも嘘を吐かれているのではないかと勘ぐるようになるからだ。彼らにとってとても大切なことが嘘だったと分かれば、騙し続けていた人間を信じられなくなるのも無理はないかもしれない。

 ボイル教授は『素晴らしい嘘(A Wonderful Lie)』という論文で、「子供にこの神話を信じ込ませることの是非を問わねばならない」と述べている。

[画像を見る]

子どもにサンタがいると言う大人は子供時代を追体験したいという利己的な願望によって動機付けられている

 自分たちが良い子であったかサンタに判断されることは、子供たちにとっては恐ろしいものだ。

コメント 1

  • ひなた 通報

    嘘・・・まだ信じてたのに・・・

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!