世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年3月3日
0

体重2.9キロ。世界一やせこけていた捨て犬が新しい飼い主のもとで無事回復(イギリス)



 道端に捨てられ、ガリガリに痩せこけた犬の体重は2.9キロしかなかった。だが幸いにも優しい飼い主に巡り会えたようだ。

 2015年9月、英コベントリーでグレーハウンドとサルーキのミックスであるウィリアムが発見されたとき、立つこともままならないほど衰弱していた。この種でこの体重は異常事態である。通常なら10キロあっていいはずだ。

 非営利団体の英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)がこの子を保護した。元飼い主が何も考えずに飼った結果、飼いきれずに捨てたのだ。

 この犬を家族に迎え入れたレイチェルさん。つい最近、婚約者のクリス・マレットさんと結婚した。

 せっかくの機会だからと、彼女はおしゃれなセーターでウィリアムをばっちり着飾ることにした。ポイントはツイードの首輪と蝶ネクタイだ。

[画像を見る]

 「この子がRSPCAに保護されたとき、かなり危険な状態でした。でも結婚式ではずっと尻尾を振っていましたよ」とレイチェルさん。

 記念すべき日に花を添えてくれたその姿を見て、こんなに元気になってと感慨深かったことを教えてくれた。

[画像を見る]
保護当時のウィリアム

 この新婚さんのご家庭にはもとから11歳のウエストハイランドテリアがいる。名前はハリー。2匹は意気投合して、今では大の仲良しだそうだ。

[画像を見る]

[画像を見る]

 RSPCAのニッキー・フォスターさんによると、ウィリアムさんの発見当時、まるで骸骨のようだったという。

「体重2.9キロ。世界一やせこけていた捨て犬が新しい飼い主のもとで無事回復(イギリス)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!