世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年4月21日
0

これは怖い・・・犯行現場となった家の階段には無数のナイフが突き刺さっていた(イギリス)



 今年3月、イギリスのある家から家庭内暴力(DV)の通報があり警察が駆けつける事件があった。加害者の男性は逮捕され暴行罪が科された。被害者の女性は幸いにも命を落とさずにすんだという。

 だがその後、この家の様子を写した1枚の画像が人々を震撼とさせている。それは殴られた被害者の姿や血みどろの痕跡などではなく、その家の階段に異様な形で突き立てられていたおびただしい数のナイフだった。

 現場に向かった警察が撮影し、その同僚がツイッターでシェアした恐ろしい眺めは、ありふれた家庭の中に潜んでいる深刻な家庭内暴力の闇と狂気を如実に表していた。

【階段に刺さった21本のナイフ】

 先日イギリスの警察が、家庭内暴力の被害者が直面している恐ろしい現実を画像でシェアして、ソーシャルメディアに大きな反応をもたらした。

 それは家庭内暴力の通報で警察が立ち入った住宅の写真だったが、その階段には1段ごとにナイフが刺さっており、その数は計21本にものぼった。

[画像を見る]

 しかも階段には弾丸らしきものまで転がっており、家庭内暴力の深刻さを伝えるには十分すぎる光景になっていた。

【事態は悪化する可能性もあった】

数週間前、同僚が家庭内暴力があった家に入ったときの写真。男性は逮捕され暴行罪が科された。被害者は救出された


 この写真をツイッターに投稿したジャック・ローランド警部は、これはメトロポリタン警察がロンドンのハウンズロー区のある家から通報を受けた際に同僚が撮影したものだと説明。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!