世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年11月18日
0

こりゃ騙されるわ。変幻自在のミミックオクトパス、敵に応じてヒラメやウミヘビに大変身。



 無脊椎動物の中でも知能が高いといわれ、カモフラージュ上手なことでも定評があるタコのハイスペック加減については折に触れお伝えしているが、その中にひときわ擬態上手なタコがいる。

 ドラクエはで宝箱に擬態して、うっかり開けるとかなり痛い目にあうアイツ、ミミックである。このタコの名前が語源になったのかどうかはわからないが、ミミックオクトパス(ゼブラオクトパス)の擬態能力はすごい。カニ、エイ、ウミヘビ、カサゴ、カレイ、ヒラメ、イソギンチャク、ヒトデなど、擬態のレパートリーは40種類に及ぶといわれている。

 しかも敵や獲物に応じて何に擬態するかを決めるっていうんだから驚きだ。

 てなわけで、先日インドネシアを訪れたダイバーが思わず見とれたというミミックオクトパスの見事な擬態っぷりをご覧いただこう。

[動画を見る]Awesome Octopus Changes its Appearance

【インドネシアでダイバーを魅了したタコ】

 これは今年1月15日にインドネシアの海に潜ったでダイバーが遭遇した、ミミックオクトパスの様子だという。

 そのダイバーは休暇でバリを訪れ、友人とともに海中を眺めている途中で変幻自在すぎるタコと遭遇、その見事な擬態っぷりを撮影せずにはいられなかったそうだ。

こうしてればただのタコ
[画像を見る]

でも触手を平らに並べて頭(実際には胴)を倒し・・
[画像を見る]

ヒラメみたいな姿に変身!
[画像を見る]

確かにこれじゃあタコには見えない。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!