世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年10月12日
0

そうとは知らずシリアルキラーと交際していた5人の女性



 トッド・コールヘップは、ホリー・ユーディという女性と10年に及ぶ交際を続けていたが、その間7人を殺害した。2016年に逮捕されたとき、トッドは女性を「犬のように」鎖でつないで2か月間監禁していた。

 「彼についてはいつも不安のようなものを感じていたのですが、その正体をはっきりさせることはできませんでした」とテレビのインタビューでユーディは答えている。かなり控えめな発言に思える。

 だが、しばしばシリアルキラーは、本来なら最も親しいはずの恋人にすら本当の自分を偽ることができる。

 ここで紹介するのは、そうとは知らずシリアルキラーと交際していた5人の女性たちだ。

【5. リンダ・イェーツ】

[画像を見る]

 リンダはロバート・イェーツと交際し、結婚までしている。共に暮らした26年間、真夜中に外出して帰宅した彼の車の後部座席が血まみれだったなど、彼女は確かに幾度か奇妙な行動を目撃している。

 だが、犬をはねたという彼の嘘を信じたり、あるいは浮気をしているのだと思い込んだりした。まさか16人もの犠牲者の血塗られた惨劇があったとは露ほども思わなかった。警察が裏庭で死体を発見するまで、そんなことは疑いもしなかったのだ。

【4. ジュディス・モーソン】

[画像を見る]

 ジュディス・モーソンは3年間交際し、やがて結婚した男が49人もの人間を手にかけていたとは信じられなかった。だがゲイリー・リッジウェイは2年間の勾留で無数の命を奪ったと自白している。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!