世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年11月6日
1

世界を震撼させた7つの都市伝説



 誰でも1つぐらいは聞いたことがあるだろう。根拠が曖昧であり信ぴょう性はないものの、人から人へと語り継がれていくうちに、恐怖が増幅されていく恐ろしい都市伝説を。

 口承で伝えられているうちに当初の話とは異なったり、地域によって差異がでてくるのも特徴的だ。

 ここにあげるものは、ネット上で話題となった7つの都市伝説である。
 
【7. 骨袋を持った男、エル・シルボン(ベネズエラ・コロンビア)】

[画像を見る]

 ベネズエラとコロンビアで語り継がれラれている「エル・シルボン」は、骨を大量につめた袋を担ぎ、地球上を歩き回る男性だと言われている。

 ベネズエラで生まれたエル・シルボンは一人っ子だった為、親から溺愛され、それ故にとても傲慢な性格へと変わっていったという。

 ある夜、エル・シルボンが鹿肉を食べたいと言い出した。父親がそれを断ったところ、激怒したエル・シルボンは父親の腹を突き刺し、内臓を抉り出し、母親にそれを渡して料理を作らせたそうだ。

 母親は渡された肉を普通に調理し始めたが、一般的な獣の肉でないことに気が付き始めた。そしてついにその肉が、息子が殺した夫の肉であることを知る。

 母親は絶望の中、エル・シルボンの祖父に「悪魔の子を何とかしてほしい」と頼み込んだという。

 エル・シルボンの祖父は彼を締め上げ鞭で何度も叩きつけ、気絶する直前で鞭を振るうのを止め、唐辛子とレモンジュースを傷口に当てて「痛み」を教え込んだ。

「世界を震撼させた7つの都市伝説」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    口裂け女や雪駄ババアはランク外なのか。納得いかないな。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!