世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年12月15日
0

人間の心の謎について驚きの事実を暴いた7つの心理・社会実験【Part2】



 人は一人でいるときと、集団でいるとき、なぜかその行動が変わってしまう。実に理性的に論理的に考えているつもりでも、実際には何かに影響を受けている。

 そればかりか、人に押し付けられたバイヤスがいつのまにか自分に染み付き、それに寄せるような人格を形成してしまったりするのだ。「あなたはこういうタイプ」と言われ続けると、本当にそのタイプになるような行動を無意識にとってしまう。

 そこに人間心理の謎と興味深さがある。

 前回に引き続き、7つの心理・社会実験の結果を見ながら、人間の心の謎について迫っていこう。
 

【1. マシュマロテスト実験
(子どもの自制心と将来の社会的成果の関連性を調査)】

[画像を見る]
article source:wikipedia
 心理学者ウォルター・ミシェルが1960年代末から70年代初頭に実施した、子どもの自制心や我慢に関する研究である。

 4~6歳の子供に、椅子のそばにあるテーブルの上におやつ(通常はマシュマロ、ときおりクッキーやプレッツェル)が置かれている部屋に入ってもらった。子供はおやつを食べても構わないのだが、15分誘惑に負けず手をつけずにいられたら、2つ目のおやつをもらえると約束された。

 すると目を手で覆って背を向けおやつを見ないようにする子、机を蹴る子、お下げ髪を引っ張る子、ぬいぐるみのようにマシュマロを撫でる子、人がいなくなった途端に食べ始める子がいた。

[動画を見る]
The Marshmallow Test

 600人以上の子供で実験をした結果、即座に食べ始めた子は少数派だった。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!