世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年12月11日
2

祖母の猫たちに会いに行った。ん?猫にまじって1匹だけ別の動物が。祖母は数年間全く気づかず猫と思って世話してた。



 アメリカに住むエリック・ハートレインは、最近カンザス州に住む祖母の家を訪ねた。祖母は動物好きで数匹の猫を保護して飼っている。

 猫たちを見るのも楽しみだったエリックは、早速猫たちにご対面。
 だがそこには目を疑う光景が!

 猫と猫と、ん?猫じゃない!?

 違和感半端ない1匹の物体。
 どうみても猫には見えない。
 っていうか猫じゃないだろこれ!

【いつもいた猫たちと初めて見た猫、え?猫?】

 つい先日エリックが祖母の家にいったときのことだ。祖母は家野良猫を保護し、家の中と外を自由に行き来させている。

 彼は家の中でくつろいでいる猫たちの方に歩み寄った。前からいたねーこの子たち。って感じで近づいて行ったんだけど、あれ?何この違和感。

[画像を見る]

 猫用ベッドでくつろいでいる1匹。最高のポジションで堂々と横になっている。だがよく見ると変だ。あれ?猫ってこんな顔してたっけ?

 更に近づいったところ、それはやはり猫じゃなかった。

[画像を見る]

 その1匹は猫のふりしたオポッサムだったのだ!

[画像を見る]

【祖母はオポッサムを猫と思って飼っていた】

 えええ!おばあちゃんずっと猫って言ってたじゃん。
 ナニコレ、オポッサムは大雑把に分類すると猫なの?
 んなわけないだろ?

 つまりエリックの祖母は数年間ずっと、小柄なオポッサムを猫と信じて世話をしていたのだ。しかも彼女は愕然としているエリックに「ああ、その子はうちの猫よ、名前はテーテっていうの」と言い切るではないか!

【祖母に猫とオポッサムの違いを分かりやすく説明】

 「もう笑いが止まらなくって・・たっぷり5分は大笑いしましたね。

「祖母の猫たちに会いに行った。ん?猫にまじって1匹だけ別の動物が。祖母は数年間全く気づかず猫と思って世話してた。」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    よく他の猫達が受け入れたな、オポッサムってシッポの長〜いネズミみたいな格好してるんだけど。

    0
  • 匿名さん 通報

    プーチンに似ている。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!